スポンサーリンク

あつ森やるなら要注意!!任天堂のアカウントの連携がめんどくさい問題

switch 子どもと生活

ずっと品薄だった任天堂スイッチ、抽選販売などでようやく手に入った人も多いのでは?。

ただ、スイッチで遊ぶ際に最初の設定をミスると、後々大変なので気を付ける必要があります。

設定というのは、ニンテンドーアカウントとゲームのユーザー設定です。

とくに人気ソフトの「あつまれどうぶつの森」では、オンラインプレイ(有料・月306円)もやりたくなるので、決済も絡むニンテンドーアカウントの管理が必要になってきます。

気を付けたいポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

ややこしい!「ニンテンドーアカウント」と「ユーザー」の設定

スイッチを買うにあたって、初めて「ニンテンドーアカウント」に登録する方も多いのでは。
(うちもそうでした)

ニンテンドーのアカウントというのは、スイッチだけでなく「任天堂」のゲーム機全般に対応しているアカウント。

このニンテンドーアカウントが、ちょっとメンドクサイのです。

というのも、登録の『ユーザー名』は変えられても「生年月日」は一度登録すると変更できません。

「生年月日」によって、スイッチで遊ぶ「ユーザー」ごとに制限をかけられるので、意外と大切なのです。

そして、このニンテンドーアカウントはパソコンやスマホからしか登録できません。

買ったら早く遊びたいのに、ちょっと面倒ですね。

とはいえ、きちんとメールアドレスや子どもでなく親(お金を払う人)の生年月日を登録して、しっかりパスワード管理をする必要があります。

さらに今度は「ユーザー」登録もあります。

スイッチの「ユーザー」とは

ニンテンドーアカウントとは別に、ゲーム機本体に「遊ぶ人」を『ユーザー』として登録する必要もあります。

『ユーザー』は、遊ぶときのキャラクターやゲームのセーブデータなどが紐づくので、複数人でスイッチを使う時にはその人数分のユーザー登録をします。

そしてこのユーザーは、アカウントと連携する必要が出てくるのです。

スポンサーリンク

オンラインプレイをするならSwitch onlineに加入が必要

ゲームソフトによっては(例:あつ森)進めるうちに、きっと「友達とオンラインプレイしたい」となります。

なるんです(笑

オンラインプレイで友達の島に遊びに行くと、物を交換したりできるのでゲームの進み方も変わってきます。

そしてこの「オンラインプレイ」をするには、「ニンテンドーアカウント」と「ユーザー」を連携させた上で「Switch online」(スイッチオンライン)に加入する必要があります。

またさらに登録して加入・・?とうんざりします(笑

そう、この「スイッチオンライン」に加入するためには、最初に登録した「ニンテンドーアカウント」をプレイする子ども全員の分も登録することになるのです。

子どもの「アカウント」を作る場合は、「親」のアカウントの「ファミリーに」として登録すればメールアドレスは必要ありません。
ただ、登録名やパスワードの設定、誕生日の登録は必要です。

ニンテンドーアカウントの「ファミリー」登録

子どもの分のアカウントを作る場合、便利なのが「ファミリー」という登録方法です。

「ファミリー」では、代表者(親)のグループの中に、メンバーのアカウント(子アカウント)を作成することができます。※8名まで

そして、この「子アカウント」は、代表者アカウントの権限で「みまもり」するこもできるのです。

なので、子どものアカウントも作ったら親のアカウントに「ファミリー」として連携しましょう。

Switch online(スイッチオンライン)とは

Switch onlineは有料のサービスです。

月額(30日)306円で、子どもアカウントでも購入することができます。
※子どもはクレジットカード決済はできません

>>任天堂公式

Switch onlineはインターネット上のサービスですが、毎月発行される「利用券」を購入して使う、という考え方のようです。

なので、自動継続にしておくと毎月の更新時にはこんなメールがきます。

○ご購入商品:
Nintendo Switch Online 個人プラン 1か月(30日間) 利用券
1か月だけ加入したい場合には、自動継続を切っておきましょう。

Switch onlineの料金プラン

スイッチオンラインは、月額306円。

毎月更新と、年間契約があり、年間契約の場合は2400円。

1ユーザーにつき306円なので、もし複数で遊ぶ場合はファミリー契約の方がお得でしょう。

ただ、ファミリー契約は「年間契約」しかできません。

年間で4500円になります。

スポンサーリンク

ユーザーとニンテンドーアカウントの連携はよく考えて

とりあえず親だけ「ニンテンドーアカウント」を作っておけばいいや、って思いますよね。

でも、子どもが遊ぶ「ユーザー」にとりあえず「親のニンテンドーアカウント」を連携してしまうと、後から解除ができません。

さらに別の「親」アカウントを作成して、その親のもとにファミリーとして登録するはめに。
そして「子アカウント」をみまもり設定にしても、

・発送を伴う商品の購入
・CERO Zのソフト(18歳未満のアカウント閲覧不可)の閲覧

はできてしまいます。
※子どもの年齢でアカウントを作っていない場合。

連携は解除できないし、年齢の変更もできないし・・。

どうしても解除するなら、「ユーザー」を消すしかないみたい。
でもせっかく育てたキャラなどのゲームデータがなくなってしまうのは避けたいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

たかだかゲーム用のアカウントと思っていると、後々メンドクサイ「ニンテンドーアカウント」。

任天堂のゲームで遊ぶ間はずっと使い続けるので、なにげに長いお付き合いになります。

ポイントもたまりますしね。

特にオンラインプレイで遊ぶ場合には、くれぐれも「ユーザー」と「アカウント」の連携を間違えないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました