スポンサーリンク

やまと防災パーク|災害時に必要な機能に特化した公園【大和市南林間】

やまと防災パーク 大和市の暮らし

2019年3月10日、大和市南林間に整備されていた『やまと防災パーク』が開園しました。

通常は遊具のある公園、でも実は雨水調整池を兼ね備えた『防災公園』としての機能を持ちます。

やまと防災パーク

場所は、農林水産省植物防疫所大和圃場があった『大和圃場(やまとほじょう)跡』。

南林間の住宅地の中に作られていて、大型の防災倉庫など設置されています。

この『やまと防災パーク』の普段の様子や気になる防災機能について調べてみました。

スポンサーリンク

大和市南林間【やまと防災パーク】どんな公園?

普段は普通の公園です。

わざわざ遠くから出かけるほどでもないけど、子どもがのびのびと遊ぶには十分なスペースのある公園です。

放課後の子どもたちの遊び場にちょうどよさそう。

  • 芝生広場
  • ボール遊びができるエリア
  • 複合遊具

などが設置されています。

大和市の公園は、「ボール遊びできる公園」と「ボール遊び禁止の公園」があるんです。

この防災公園には、ネットが貼られて周囲にボールが飛ばないようになっているエリアが設置されていました。

やまと防災公園

bousai

画像引用:タウンニュース

トイレや自動販売機、大人向けに健康増進の器具もあります。

まだ植樹したばかりということで、日影が少ないのが難点。

帽子や日傘は必須です。

大和防災公園|アクセス


大和市南林間6丁目

駐車場はありません。

駐輪場はあるので、遊びに行く際は徒歩か自転車で行くのがよさそう。

ペットの立ち入り禁止の看板があったので、犬の散歩はできないようです。

スポンサーリンク

やまと防災パーク|災害時の機能は?

やまと防災パークには、災害時に利用できる機能が備えられています。

  • あずまやや複合遊具にテントを張ることができる
  • ベンチが炊き出し用のかまどに転用できる
  • 電灯の一部が太陽光発電
  • 地下には市内最大の雨水調整池
  • 地上2階建ての大型防災倉庫(2019年10月設置)
  • 消火活動で利用できる「スタンドパイプ」を18台設置

など。

周りは住宅密集地なので、特に火災に対しての設備に重点がおかれています。

スタンドパイプが点在していて、実際に利用できるような講習会も随時開催しているもよう。
※感染症拡大防止のため実施しない場合も

地下の雨水調整施設はこんな感じ。

ゲリラ豪雨などで市街地でも冠水することが多くなっているので、こういった雨水調整施設が今後もっと設備されるといいのですが。

スポンサーリンク

まとめ

大和市内では、19の公園で防災に対応できるような設備の整備を進めています。

公園には、かまど付きベンチやマンホールトイレを設置。

かまど付きベンチはこのように、災害時に炊き出しに利用できるような造りのベンチです。

kamado bench

画像引用:信建工業株式会社

防災倉庫がある公園も数多くみられますね。

近所の公園に、どんな防災機能があるのか・ないのか、一度チェックしてみるのもいいかも。

タイトルとURLをコピーしました