スポンサーリンク

【大和市】太田屋さんのおすすめお惣菜と「チローラ」「ケーゼ」食べてみた感想

駅周辺情報

太田屋さんは、神奈川県の小田急江ノ島線 高座渋谷(こうざしぶや)駅近くにある精肉店。

以前は引地川近くの千本桜商店街にあった店舗が、小田急江ノ島線 高座渋谷駅の近くに移転。

お店の前に駐車場も出来て、便利になりました。

精肉店なので肉の量り売りはもちろん、コロッケやメンチカツ、ハム、ソーセージなどのお惣菜が豊富で価格も良心的。

そんな太田屋さんのおすすめお惣菜や、名物「チローラ」を買って食べてみました。

スポンサーリンク

太田屋さんのおすすめお惣菜

太田屋さんの一番人気は「メンチカツ」。

肉がプリッとしてて、玉ねぎがゴロゴロ入っていて甘みがあります。

(断面)

一枚125円(外税)でした。

ボリュームがあるのでメインのおかずにもなって便利。

お惣菜はメンチカツの他、コロッケ、とんかつなど豊富にありました。

でもやっぱり「メンチカツ」は買い。お値段も良心的ですよね。

スポンサーリンク

太田屋さんの「チローラ」

そんな太田屋さんの商品で、私的に一番のおすすめのソーセージはこの「チローラ」

直径5センチくらいのソーセージです。

ソーセージというより、小さいハムに近いかな。

スライスして、そのまま頂きます。

黒い包みがインパクトありますよね。

要冷蔵で日持ちは10日ほど。

「チローラ」とはオーストリア・チロル地方特産のソーセージの名称。

牛肉の赤身をベースにした生地に、豚肉の粗びき肉を混ぜ込んであります。

切るとこんな感じに。

太田屋さんの加工肉には、「高座豚」を使用しています。

「高座豚」というのは、神奈川県の県央地区で生産されている豚の品種で、赤身が少なく脂質が多いのが特徴。

高座豚の脂質は粒子が細かいので、滑らかな食感でジューシーなのです。

脂が多く見えてもしつこくなくて、意外とさっぱり食べられますよ。

「チローラ」はサイズが2種類あって、今回買ったのは(小)1,750円(税別)。

重さは、パッケージごと計って428グラムでした。

100グラムあたり430円くらいなので、なかなか高級なソーセージですよね。

 

大きい方はハムくらいの大きさで、お値段は3,250円(税別)。

家で食べるなら、小さい方が切りやすくていいかも。

店頭では、スライスの量り売りもありましたよ。

肉の太田屋 | オンラインショップ・商品一覧
肉の太田屋「オンラインショップ」のページです。商品一覧を掲載しております。
スポンサーリンク

これ何?「ビーフケーゼ」と「レバーケーゼ」

「ケーゼ」という、四角いハムのような物も買ってみました。

この「ケーゼ」というのは、腸に詰めずに型に入れて加熱したソーセージ。

ドイツ語で「チーズ」という意味もあるけど、もともとは「型に入れた」という意味のようです。

見た目は、具が入ってない「ミートローフ」みたいな感じ。

厚切りにして焼いたり、そのまま生で食べることもできます。

「ビーフケーゼ」はスライスの量り売りで、100グラム270円(税別)。

オンラインショッピングでは、大・小サイズがあって、1本単位で買うことができます。

(量り売りは「大」サイズをスライスしたもの)

 

「ビーフケーゼ」ということで、ほんのりコンビーフっぽい風味がします。

チローラに比べると塩味がマイルドで、やわらかい食感でした。

レストランのオードブルに出てきそうな上品な味。

 

「レバーケーゼ」というのも買いました。

こちらも量り売り、100グラム270円(税別)。

後味にほんのちょっと苦みがあるけど、そこまでレバー感はないかも。

オリーブオイルをかけて食べたら、より複雑な味になって美味しかった。

スポンサーリンク

まとめ

今回、太田屋さんでソーセージを3種買ってみたのですが、

「チローラ」がしっかり味(塩味つよめ)

「ビーフケーゼ」はややマイルドな味、「レバーケーゼ」そこまでレバーじゃなくやや大人の味でした。

メンチカツはやや甘めなので、子どもも喜んで食べます。

トースターの低めの温度設定でしっかり温めると、サクッとした食感になりました。

高座渋谷駅の近くに行ったら、ぜひ寄りたいお店です。

肉の太田屋
肉の太田屋のホームページです。こだわりのお肉をご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました