スポンサーリンク

大和市高座渋谷|麺屋 江武里に行ってきました

外食・持ち帰り

小田急江ノ島線「高座渋谷駅」は急行も止まらないローカルな駅なのですが、周辺には何故か話題のラーメン屋さんがいくつか出店しているのです。

今回は2019年5月に浅草から大和に移転してきた「麺屋 江武里」さんに行ってみました。

スポンサーリンク

麺屋 江武里(エブリ)

麺屋 江武里(エブリ)は高座渋谷駅の西口(ikozaがある方)、徒歩2分ほど。
Ikoza(イコーザ)の渡り廊下の下をまっすぐ進んだ歩行者専用道路の左手に店舗がありました。

麺やエブリ

道路側の外観。以前はこちらが正面だったようですが、現在の入り口は通りから入った面になっています。

入口には営業時間やマスク飲食についてなどの貼り紙がありました。

食券式になっているので、まずチケットを購入。メニューはそれほど多くはなく

  • メインの江戸醤油ラーメン 750円~
  • 季節限定ラーメン 790円~(塩ラーメン・イタトマカリー麺)
  • それぞれ大盛、味玉、海苔などのトッピング
  • ライス 小100円
  • ビール アサヒスーパードライ小ビン 400円

となっていました。

カウンター10席でテーブル席はなし。感染対策も出来る限りされている感じですね。

お水(セルフ)持ってきて、一息付くとすぐにラーメンが到着しました。

塩ラーメン(味玉トッピング)

しっかりめの塩味に柚子が効いていました。

スープはアサリや蛤などの貝類に、煮干しや昆布などの魚介系。
アッサリとしていてうま味と甘みも感じられます。

麺は中細でやや柔らかめ。全粒粉ですが、ボソボソしてはいなくてツルッとした麺です。

豚をホロホロに煮たチャーシューと、鶏、海苔、メンマ、水菜がトッピングされていました。

江戸醤油の全部乗せ大盛+味玉。

醤油ラーメンのスープもアッサリめで、うまみたっぷりで美味しかったです。

ボリュームはやや少なめなので、男性でお腹いっぱい食べたい人はライスも付けるのがよさそう。

カリー麺も食べたかったのですが期間限定なので、また次の機会になりそうです。


不定休とのことで、休みや限定メニューなどの情報もあわせてツイッターでチェックしてから出かけるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

麺屋 江武里(エブリ)さんのラーメンはアッサリしていてコクのある、ちょっと後をひく味のスープでした。

ボリュームはほどほどで上品な味なので、家系ラーメンなどの太麺に濃いめのスープが絡む系のラーメンが好きな人には物足りないかな?

ただ仕切りのあるカウンター席で、威圧感のない店主さんなので女性一人でも入りやすい雰囲気の店だと思いました。

住所:大和市大和市渋谷5-38-1
営業時間:一部11:00~15:00、二部17:30~22:00(変更の場合あり)


※駐車場なし、近くにコインパーキングあり。

タイトルとURLをコピーしました