スポンサーリンク

業務スーパーこだわり生フランクはじっくり解凍で絶品ジューシーに!

生フランク TOPIC

業務スーパーの冷凍ウインナー「こだわり生フランク」を買ってみたのですが、これが結構すごかったです。

100グラム100円ほどで食べられる「生ウインナー」は、なかなかの迫力なのでおすすめ。

欠品していて売ってないことも多いので、見つけたらついつい買ってしまいます。

スポンサーリンク

業務スーパーの【こだわり生フランク】解凍と調理法

こだわり生フランクは業務スーパーの冷凍食品のコーナーにあります。

1キロ入って、698円。地域によって多少値段の差があるようです。

国内製造、冷凍の未加熱商品です。

一旦溶けてしまうと劣化しやすいので、保冷バッグに保冷剤を入れて買いに行きましょう。

購入して家に帰ったらすぐに冷凍庫へ。

調理の前にまずは解凍から

こだわり生フランクは、大ぶりのウインナーが10本入って1キロあります。

 

主婦としては、半分だけ解凍して何回かに分けて食べたい所。

ところがこちら一枚板のようにカッチカチで、しかもつながっているんです

力任せに小分けすると、せっかくのパリパリの皮が引きちぎれてしまう可能性もあります。

丸ごと解凍しましょう。

 

そして急速に解凍すると、ドリップが出て水分が抜けてしまいます。

じっくり冷蔵庫の中で解凍します。

完全に溶けるまでは数時間。

夕食にする場合にはお昼くらいには、冷凍庫から冷蔵庫へ移しておいた方がいいでしょう。

生フランクを解凍してみました

解凍後に取り出してみるとこんな感じ

業務スーパー_生フランク

こちらを一つ一つ、はさみで切り離して準備完了。

スポンサーリンク

業務スーパーの【こだわり生フランク】おススメの調理法

一番簡単な調理法は、ポトフですね。

ニンジンやジャガイモ、玉ねぎ、キャベツなどの野菜をコンソメで煮ておいて、生ウインナーを投入。

さらに15分ほど煮込めば完成です。

強火にすると、ウインナーの皮が破れるので弱火でコトコト煮込みましょう。

野菜やスープにもウインナーの味が染みてなかなかの美味しさ。

 

もちろんオーソドックスに焼いて食べるもオススメ!

ウインナーはやはりパリパリに焼いて食べたいですね。

ただし、このウインナーは生なので、下茹でが15分ほど必要になります。

茹でて火を通したウインナーを、フライパンで焦げ目がつくくらい炒めます。

ビールにぴったり!

 

茹でた後に一口大に切って、ジャガイモと炒めても美味しかったです。

スポンサーリンク

業務スーパーの【生ウインナー】実際食べた感想

皮はパリパリ!バクッと噛むと、ビュッと汁が飛ぶほどジューシーです。

 

油がクドそうだけど、ハーブ(バジル)がかなり効いているので、しつこさはあまり感じません

コショウなどの辛みはあまりないので、子供もバクバク食べてました。

 

ただ、皮がしっかりしているので大きいままだと噛み切りにくいかも。

小さい子には小さく切って出してあげた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

業務スーパーの生フランクは、お買い得価格な割にはかなり美味しいです。

国内製造というのも安心。

冷凍庫に入れておけば、何もない日のメインのおかずにもなるので便利ですね。

タイトルとURLをコピーしました