スポンサーリンク

GOTOキャンペーン|予約済の宿でも後から個人で申請する方法 ※書類の変更あり

TOPIC

夏休みの旅行に、gotoキャンペーンを利用しようと考えている方も多いと思います。

個人での旅行の場合、今後販売されるGOTOキャンペーンプランならば、宿泊料金が35パーセント割引になっていてかなりお得。

ただし、このキャンペーンプラン販売より前に予約した宿でも、7月22日以降の宿泊であれば、割引の対象になります。

どうやったら割引になるのかを調べてみました。

※追記 GOTOのホームページが開設され、情報が追加されました。

スポンサーリンク

GOTOキャンペーン条件

キャンペーン適用には

  • 感染拡大地域からの出発でないこと
  • 感染拡大地域への旅行でないこと
  • 団体での旅行でないこと

など条件があります。

さらに、泊まろうとしている宿が、このキャンペーンの適用を受けていることが必須です。これは泊まる宿に確認します。※登録中や準備中の宿もあり

スポンサーリンク

キャンペーン適用に必要な書類

最初から割引されたプラン以外での宿泊の場合は、宿泊料金を一旦支払いしてから、後日申請して還付してもらうことになります

カードで事前決済の場合は、カード会社経由での還付になります。

※1泊1人あたり14,000円が上限

還付に必要な書類は

  1. 還付申請書(観光庁のホームページからダウンロード)
  2. 支払い内訳がわかる書類(ホテル発行)
  3. 宿泊証明書(ホテル発行)
  4. 口座確認書(観光庁のホームページからダウンロード)
  5. 口座番号を確認できる書類
  6. 住所が確認できる免許などの写し
  7. その他事務局が指定する書類

宿泊先のホテルや宿で、2と3の書類は発行してもらえます。

この時、還付申請する名義で書類を出してもらうことが大事

※6・7の書類を追記しました。申請期間は8月14日からなので、さらに変更の可能性もあります。

参考>観光庁GOTOトラベル事業関連情報

参考>観光庁 旅行者向けGOTOトラベル事業公式サイト

この公式サイトでご確認の上、申請手続きの必要があります。

還付申請書の記入事項

還付申請書に記入する事項は

  • 旅行者氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 予約方法(サイト名など)
  • 宿泊施設名
  • 予約日
  • 旅行期間
  • 旅行人数

を記入。特に難しいことはなさそう。

旅行 還付申請

※観光庁HPの資料よりダウンロードした見本(7月27日現在)

申請書を提出する際には、念のためにコピーをとって手元に置いておくと、問い合わせの際などに便利です。

口座確認書

還付のための銀行口座を記入する書類です。

  • 旅行者名
  • 口座名義人
  • 金融機関名
  • 金融機関コード
  • 支店コード
  • 口座番号

など記入。

金融機関コードは、各金融機関ごとに決まっている4桁の番号で、普段あまり記入することがない番号です。

ネットで検索すると出てくるけど、色々なサイトがあって正解がわからないことも。

銀行のサイトのQ&Aに載っていることもあるので、確認するといいと思います。

例)三菱UFJ銀行の金融機関コードは「0005」でした。

参考>三菱UFJ銀行 よくあるお問い合わせ

口座確認書

ここに、該当の口座の通帳又はキャッシュカードのコピーを添えて、送付します。

申請期間

書類が揃ったら、

令和2年8/14~令和2年9/14の間にgotoトラベル事業事務局へ送付する必要があります。

この還付申請の期間が短いので要注意。

書類の記入は難しくないので、現地で書類を貰うのさえ忘れなければ大丈夫そう。

スポンサーリンク

まとめ

対象のホテルや宿では、感染対策をした上での営業をされているので、出かける時にはこちらも細心の注意が必要になります。

我が家の場合は、

  • 車で行く(公共の交通機関は避ける)
  • 直接宿に行く(混雑している観光地は避ける)
  • 食事は部屋食、もしくはテイクアウト

というスタイルの旅行を地味に楽しめればと思います。

観光業以外の現地の人は、他県からの来訪が迷惑な場合もあるので、難しいところではありますよね。
早速利用している人も色々思う所があるようです。

タイトルとURLをコピーしました